第28回 日本小児泌尿器科学会 総会・学術集会 「道を究める」(題字:金澤 翔子(書道家)作品:十四代今泉今右衛門(人間国宝)「色絵薄墨墨はじき時計草文鉢」2007年 )

開催概要

第28回日本小児泌尿器科学会総会・学術集会 開催のご挨拶

この度、第28回日本小児泌尿器科学会総会・学術集会を新たな元号となった2019年7月3日(水)から7月5日(金)の3日間、佐賀市において開催させていただくこととなりました。本学会総会の九州開催は14年ぶり、佐賀市での開催は初めてで教室員および同門一同にとって、大変光栄な事であり、皆様のご支援に厚く御礼を申し上げます。

今回の学会テーマを“道を究める”とさせていただきました。医学のみならず、皆さんそれぞれの分野において「道」を究めたいという思いがおありではないでしょうか。小児泌尿器科学を志し、この領域に従事している方々、あるいはこれからこの領域を目指そうと思っている若き方々、皆さん同じ思いかと存じます。先人の叡智を学び、多くの経験を糧として、革新的な技術と新たな知見を生み出すことが道を究めること、小児泌尿器科学の発展につながるものと思います。学会内容も“道を究める”ためのプログラムを配置いたしました。また、佐賀は自然豊かで、佐賀牛をはじめ海苔や日本酒など美味しいものも沢山ございます。陶器も日本を代表する産地です。ご出席の皆様が学会のみならず、観光や食文化も大いに楽しんでいただければと思います。

皆様の多数のご出席を賜り、実り多い学会になりますよう、スタッフ一同心からお待ち申し上げております。

ページトップへ戻る